何がすごいの?簡単に減量できる7つの酵素効果

  • ダイエットしてもすぐにリバウンドしてしまう
  • どんなダイエットをしても痩せられない
  • 体重は減ったけど疲れやすくなった

そんな悩みを持っている人におすすめなのが話題の“酵素ダイエット”です。酵素には減量だけでなく、デトックス効果や免疫力アップ、冷え性改善など盛り沢山のうれしい効果があります。

そこで、酵素ダイエットを始めたいけど続けられるか不安な方、「リバウンドしない?」「面倒じゃない?」と心配の方のために、手軽に生活に取り入れられる酵素のすごい効果についてご紹介します。

酵素にはダイエット以外に7つの効果があります!

1.便秘解消

便秘解消はダイエットへの近道ですが、便秘には便意を我慢し過ぎたり、筋力の低下によって便を押し出す力が弱まってしまったり、ストレスから腸の動きが鈍ったりといったことが原因しています。

便秘は、食べ物が腸内に留まることで老廃物が蓄積されることでなり、あらゆる病気を誘発する可能性があります。

酵素は腸内の環境を整える働きがあり、酵素不足で動きが鈍くなった腸を元気にしてくれるため便秘解消に役立ちます。ただし、便秘を解消するには水分と食物繊維が大切です。酵素断食をする場合は、水分不足にならないよう気を付けて行いましょう。

2.美肌づくり

シミやシワ、ニキビに吹き出物やたるみなど、女性にとって肌トラブルは深刻な悩みですが、その原因は加齢や睡眠不足、ストレスや偏食、紫外線、間違ったスキンケアなどがあります。

これらが原因となり、活性酸素にさらされたり新陳代謝が低下したりして肌トラブルとなります。特に活性酸素は要注意です。

酵素には、肌トラブルの元凶ともなる活性酸素を除去する働きがあります。また、通常の食生活では不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸を豊富に含んでいます。

酵素は20代をピークに体内での生産量が低下してしまうため、積極的に酵素を摂ることが大切です。

3.デトックス

病気ではないけれど体調が優れないという人も少なくありません。その原因は、体内に毒素や老廃物が蓄積し悪さをしているからです。

これらがすべて腸にたまり体調不良になったりしますが、酵素は腸の働きを活発にしてくれ、毒素や老廃物、腸内にこびりついている宿便なども排出しデトックス効果があります。さらに、デトックスすることで美肌づくりにも役立ち、便秘や冷え性の改善にもなるためダイエット効果も高まり、アンチエイジング効果もあります。

緑黄色野菜や根菜、玉ネギ、リンゴ、ニンニク、ニラ、コンニャクなどを食べるとデトックス作用がより高まりますが、酵素が配合されたドリンクやサプリメントなどにこれらの食材が豊富に含まれています。

4.免疫力アップ

免疫力とは、ウィルスや細菌などから私たちの体を守ってくれる働きのことです。

免疫力が高ければ病気になりにくく、低ければ感染症やアレルギー、肌トラブルなど様々な体調不良を引き起こす原因となります。腸は免疫機能が多く集まる場所です。腸が弱ることで免疫力も低下してしまうため、酵素を補うことで腸を元気にしてあげることが大切です。

免疫力は基礎体温を上げることでもアップしますので、体を温める食べ物を積極的に食べたり、ぬるめのお風呂にゆったり浸かったり、こまめに身体を動かしたりするようにしましょう。

5.冷え性改善

血行が悪いと冷え性になりやすいのですが、酵素には代謝をアップさせる働きがあります。

新陳代謝が高まれば血行も良くなり、体の隅々まで血液を運ぶことができます。結果、エネルギーを生み出す力も高まり冷え性が改善されるのです。ただし、寝不足や偏食ばかりしているとせっかく補った酵素が浪費されてしまうため、生活習慣を見直すことが大切です。

早寝早起きを心掛け、お風呂もシャワーだけですませず、湯船に浸かって代謝アップを図りましょう。

6.体臭・口臭予防

酵素が不足すると便秘になりやすくなります。すると毒素や老廃物が増えて腸の働きが低下し、お腹の中は生ゴミが放置されたのと同じ状態に。そこから毒素や毒性ガスが発生し、当然ですが体臭や口臭も強くなります。

ですので、酵素を補給してあげることで消化・代謝機能がスムーズに働き腸の動きも活発になり、便秘が解消されて毒素や老廃物も体外に排出されやすくなります。結果、体臭・口臭の予防・改善となるわけです。

7.リラックス効果

酵素にリラックス効果?と思われるかもしれませんが、酵素には自律神経を安定させる働きがあります。自律神経のバランスが悪くなると睡眠不足や消化不良、肌荒れの原因にもなります。

また、酵素不足はイライラしやすくもなりますが、これも自律神経が関係しています。酵素を補って自律神経を安定させてあげることで、ストレスも軽減されイライラがおさまり、夜もよく眠れるようになりますし、ストレスによるムダ食い・ドカ食い防止にもつながります。

8.発がんリスク軽減効果

「酵素は、老化の原因となる活性酸素に対抗する抗酸化物質のひとつです。この時期気になるシミやしわは、皮膚の中に活性酸素が発生することが原因なのです」(鶴見院長)

活性酸素は病気のもとにもなる。動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病を引き起こし、最悪の場合、細胞のDNAを壊すことによってがんを引き起こすことが知られている。

「体細胞が放射線にさらされると活性酸素が体内に発生し、その働きによってがんが発生するといわれています。したがって酵素を摂取することで、被曝による発がんリスクを避けられる可能性が大いにあると思います」(鶴見院長)

引用元:話題の“酵素”「被曝による発がんリスク軽減効果」と専門医│NEWSポストセブン


ページトップへ