基礎代謝を上げて太りにくい身体を手に入れるトレーニング

  • 0
  • 2

女性がいつも悩んでいることといえばダイエット。いつの時代も自分の美しい姿を夢見るのが女というものですよね。

ダイエットには、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動と筋トレといわれる無酸素運動があります。脂肪燃焼のためには20分以上の有酸素運動が有効です。ですが、「この20分を作るのが難しい」という人もいるかもしれません。

そんなときに注目したいのが基礎代謝量。人間が何もしなくても使うエネルギーの量です。特別な運動をしなくても基礎代謝量が多い人は太りにくくなります。

そこで今回は基礎代謝量を増やすためのトレーニングをご紹介します。

超簡単!顔のむくみが3分でとれるリンパ&フェイシャルマッサージのやり方

  • 0
  • 5

朝起きた時に顔がパンパンになっている、夕方になると靴がキツクなるといった“むくみ”で悩んでいませんか?

特に顔は脚と違って隠せないだけに気になりますよね。そんな顔のむくみを解消してあげるには、リンパの流れと血行不良を改善してあげることが大切です。

そこで、リンパの流れを促すマッサージと顔の筋肉をほぐすマッサージをご紹介します。あなたも3分間の簡単リンパ&フェイスマッサージで、気になる顔のむくみをスッキリ解消しませんか?

歪んだ下半身矯正!O脚X脚を治す7つの方法

  • 0
  • 1

脚がO脚だったりX脚だったりとコンプレックスを持っていませんか?実際に見た目のバランスも悪いですし、脚は太く見えるしとよくないことだらけです。

O脚やX脚が治れば、脚のむくみが軽くなり、腰痛が軽減され、脚の脂肪が減少して、冷え性や便秘解消にもなるんです!これは絶対治したくなりますよね。

そこで今回はO脚X脚を治す簡単な方法を7つご紹介します。

1日3セットの表情筋トレーニングで「老け顔」にサヨナラし「小顔」をGET!

  • 7
  • 21

「なんだか急に老け顔になった気がする・・・」と感じているあなた!老けた印象を与えるのは顔の「たるみ」や「シワ」が原因かも。加齢などにより弾力を失った肌はたるみ、顔がのっぺりとし大きく見えてしまうことも少なくありません。また、目元のシワやたるみも老け顔の代表的な現象です。

「老け顔」にサヨナラし「小顔」になるポイントは、「表情筋」と呼ばれる顔の筋肉を鍛えてあげることが大切です。カラダも鍛えることでしなやかさを保つのと同じく、ハリと弾力のある引き締まったフェイスラインをキープするには顔の筋肉トレーニングが重要。

表情筋トレーニングは、1日わずか3セット行うだけで老け顔とサヨナラでき、憧れの小顔を手に入れることができます!

若々しい素肌をGET!美肌づくりに効果のある6つの食材

  • 0
  • 0

女性の永遠のテーマ「美肌」。ひと昔前は25歳が“お肌の曲がり角”と言われていました。ところが、最近では強烈な紫外線や夜型生活による寝不足や睡眠障害、食生活の乱れなど、こうした生活全般の影響で早い人で20歳頃から肌老化が始まるようになってきました。

そこで、大切なのが正しいスキンケアと食生活です。特に食べることに関しては、「医食同源」という言葉にもあるように、食べることと健康は切っても切り離すことができず、美と健康を保つためにとても重要な役割をしています。

美肌を保つには、新陳代謝を活発にしてカラダのリズムやホルモンバランスを整えること。そのためにも暴飲暴食を控え食事時間を規則正しくすると同時に、ここでご紹介する美肌効果のある食材を積極的に食べるようにしましょう。肌の悩みに応じ、効果的な食材を組み合わせてみて下さい。また、腹八分目も心がけて食べましょう♪

自律神経失調症にもなる?7つの首のコリの解消法

  • 14
  • 628

いきなりですが、首はこっていませんか? 首や肩のコリは寒い冬に酷くなるような気がしますが、夏の冷房でも症状が酷くなります。

実は首がこると自律神経が乱れてしまうのです。首の周りには自律神経など多くの神経系があります。強引にマッサージをすると筋肉をいためてしまう危険性があります。首が痛いからと力任せに押したりはしないでくださいね。

「じゃあ放っておけってことか?」という怒りをあらわにした姿がまぶたの裏に浮かぶようです。もちろん放置するわけにはいきません。そこで今回は首のコリを解消する方法を7つご紹介します。

たった2分の即効小顔マッサージであなたも小顔美人に!

  • 0
  • 0

ひと昔前の美人は「おかめ顔」であったり「うりざね顔」であったり、時代によっても美人顔の基準は異なるもの。今どきの女性が憧れる「小顔」は、まさに現代美人の象徴。芸能界で小顔美人と言えば、小泉今日子さんにはじまり、吉川ひなのさんや安室奈美恵さん、小西真奈美さんに代表されます。

骨格的にエラがはっていたり、頬やアゴがたるんだりむくんでいたりすることで顔の面積は広くなり、いわゆる「顔太り」と呼ばれることに。でも、美容整形でエラを削ったり脂肪吸引をしたりするにはかなりの勇気が必要。そこで、1日たったの2分で誰にでもできる即効小顔マッサージをご紹介します。

自宅でできる!全身の体脂肪を落とす7つのトレーニング

  • 4
  • 4

「スリムな身体になりたい!」と女性なら誰もが思うでしょう。「ウエストのくびれを作りたい」「ヒップアップしたい」など、気になる部分がある人も多いかもしれません。

どうせなら全身いっぺんに体脂肪が落ちたほうがいいですよね? 全身の体脂肪を燃やすには、ランニングやウォーキング、水泳などの有酸素運動が有効です。

しかし環境的に上記のような有酸素運動ができない人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、家の中でできる道具を使わない筋トレをご紹介します。

併用危険!薬とサプリメントの悪い組み合わせ13例

  • 0
  • 0

やれビタミン剤だカルシウム補給だのと、日本で一般的に「サプリメント」を手軽に利用するようになったのはここ10~15年ほど。今や子供から高齢者まで愛用者が増えています。2009年のデータになりますが、アメリカでは幼稚園に通う幼児の30~50%がサプリメントを利用しているという現状があるほどです。

でも、サプリメントはあくまでも健康補助食品であり、病気の症状を軽くしたり病気そのものを治したりする「薬」とはハッキリと区別しなければなりません。もちろん、使用上の注意をしっかりと確認して愛用すれば、安全に問題はほぼありませんので、薬と併用する場合には注意して利用することが大切です。

ここでは薬と相性の悪いサプリメントを13例ご紹介しています。あなたが処方薬を飲んでいるのならば、是非、間違ったサプリメントとの組み合わせになっていないか確認してみて下さい。また、薬とサプリメントを併用する際は医師か薬剤師に相談してからにしましょう。

脚の疲れを取る7つの方法

  • 0
  • 0

あなたは脚をいたわっていますか?無意識でも脚は毎日酷使されています。

仕事が終わる時間にはいつも脚がむくんでパンパン。脱いだストッキングの痕が残り続けている。なんとなく帰りは家までの距離が長い気がするなどの経験をしたことありませんか?

座りっぱなしでも歩きっぱなしでも脚は疲れています。しかし、きっちりとケアしていない人は意外に多いです。今回は脚の疲れを取る7つの方法をご紹介します。

このページの先頭へ