歪んだ下半身矯正!O脚X脚を治す7つの方法

脚がO脚だったりX脚だったりとコンプレックスを持っていませんか?実際に見た目のバランスも悪いですし、脚は太く見えるしとよくないことだらけです。

O脚やX脚が治れば、脚のむくみが軽くなり、腰痛が軽減され、脚の脂肪が減少して、冷え性や便秘解消にもなるんです!これは絶対治したくなりますよね。

そこで今回はO脚X脚を治す簡単な方法を7つご紹介します。

1. O脚矯正30秒体操

O脚をコンプレックスに思う人も多いと思います。くるぶしをくっつけると膝が離れてしまう場合をいいます。女性は骨盤が動きやすいせいもあり、普段の生活で身体に歪みが出て、O脚になってしまう場合もあります。

床に両脚を伸ばして座る。片方の膝を曲げ、足首を手で持つ。 手で足首を持ち上げる。 限界まで持ち上げたら、パッと瞬間的に離す。

1日に5回を目安にして下さい。一週間ほど続けて片脚を行い、次の1週間反対の脚を行います。左右のバランスが取れるまでに少し時間がかかりますが、無理をせず治していきましょう。

2. X脚矯正15秒体操

X脚に効く体操です。X脚とは膝をあわせるとくるぶしが離れてしまう状態のことです。この体操はO脚の人にも効果があります。

両足を合わせて立つ。少し上半身を前かがみにする。 O脚の場合は写真のように膝が開いてしまう。
前かがみの姿勢のまま脚に力をいれ、膝をくっつける。
※X脚の場合も両脚をぴったりくっつけるように力を入れる。
脚だけをみると写真のような状態。 上半身を真っ直ぐにし、その姿勢のまま15秒キープする。

脚全体に力を入れることが重要です。15秒キープが厳しければ10秒からでもOK。だんだんと長く保てるようになります。1日3回ほど気がついたときに行ってください。

もし、最初の状態で膝をくっつけられない場合は、少し膝を曲げてみてください。膝を曲げて両膝をくっつけ、膝を伸ばします。その後ゆっくりと上半身を起こします。

3. 足首回転骨盤矯正法

O脚X脚は骨盤のゆるみやゆがみ、ずれから生じることが多いです。根本的原因である骨盤を本来の位置に戻す運動が重要です。

両脚を伸ばして床に座る。手は膝か腿の上。脚は肩幅に開く。かかとをつきだす。 両脚を外側に回転させる。脚だけではなく、脚の付け根から動かす。 両脚を内側に回転させる。両足が重ならなくてもOK。

ポイントは上半身を後ろに倒さないことと、股関節から脚を回転させることです。キレイに開かなくても大丈夫なので、自分のできる範囲で動かしていきましょう。

痛みや違和感を感じなければ1日何回行っても問題ありません。お風呂の中やテレビを観ながらでも行えます。空いた時間を有効に使ってみてくださいね。

4. O脚矯正ストレッチ

椅子に座ったストレッチ方法をご紹介します。会社などでも行いやすいので、覚えておくと便利ですよ。

椅子に浅く腰掛け足を少し開く。 右足を伸ばし床にかかとをつく。
右足の爪先を床につける。 上半身を前に倒す。5秒ほどキープ。

右脚が終わったら左脚でも同じストレッチをします。目安は1日3回ずつです。上半身を倒すときには背中が曲がらないように注意しましょう。

5. X脚矯正ストレッチ

立ったまま行えるストレッチです。比較的どこでも行いやすいのがメリットです。

両脚を肩幅に開いて立つ。 両足のかかとをくっつける。膝が離れないように注意する。

爪先の開き具合によっても難易度が変わります。始めるかかとの位置を近くして行うとやりやすくなるので、少し力が必要なくらいの場所を探してみてください。

楽にできてしまうと意味がないので、少し辛いぐらいを続けていき、だんだんと可動域を広げていきます。回数は1日5回が目安です。

6. 立つだけでO脚矯正法

「えっ?立つだけ」と思うかもしれませんが、これが結構難しいのです。

  • 壁に背中をつけて真っ直ぐに立つ
  • 頭をぴったりと壁につける
  • 足をハの字にする
  • お尻をキュッとしめる
  • 骨盤は前に出すイメージ
  • この姿勢を1日3分、3回以上行ってください。

腰の部分が壁と離れすぎるのはNGです。最初は違和感があるかもしれませんが、背中と壁の間の隙間はなるべくなくすようにします。

たった3分とあなどるなかれ。全身に注意を向けながらの3分はなかなか難しいですよ!頭が離れていないか、お尻に力は入っているかと自分の身体をよく観察しながら頑張ってみてください。

7. 予防にもなる脚矯正の歩き方

O脚やX脚は1度治ったからといって完治するわけではありません。普段の生活の中で身体がゆがむことをしていれば、すぐに元に戻ってしまいます。

そうならないためにも予防法と並行してストレッチや体操をするといいですよ。

  • 歩くときの足は踵から着地する。
  • ぺたぺたと足の裏で歩かない。
  • 身体は真っ直ぐ左右に揺れないようにする。
  • 重心はいつも自分の中心線の下。
  • 両膝の向きを揃える。
  • あごを引き、頭を吊られているイメージを持つ。

以上に注意してみてください。実際に自分の歩き方をきちんと考えてみると、どれかが外れていませんか?歩く動作は毎日行います。キレイな足、歩き方をマスターできるように、鏡に映った自分の姿をチェックしてみてくださいね。

いかがでしたか?

O脚やX脚を治す7つの方法をご紹介しました。

  • あぐらをかいたり、足を組んで座ることが多い。
  • 高いヒールをはくことが多い。
  • 同じ方の手にばかり荷物を持つ。

など、日常生活で身体のゆがみが生じてしまいます。治す運動とともに普段の生活から改善してキレイな脚を目指しましょう!

更新情報

Twitterをフォローするか、RSSフィードを登録するとCOCOKARAの最新記事を無料でご覧頂けます。ものは試しということで是非♪


執筆者 : 大山奏
公開日 : 2013年10月16日

サブコンテンツ

このページの先頭へ