1日3セットの表情筋トレーニングで「老け顔」にサヨナラし「小顔」をGET!

「なんだか急に老け顔になった気がする・・・」と感じているあなた!老けた印象を与えるのは顔の「たるみ」や「シワ」が原因かも。加齢などにより弾力を失った肌はたるみ、顔がのっぺりとし大きく見えてしまうことも少なくありません。また、目元のシワやたるみも老け顔の代表的な現象です。

「老け顔」にサヨナラし「小顔」になるポイントは、「表情筋」と呼ばれる顔の筋肉を鍛えてあげることが大切です。カラダも鍛えることでしなやかさを保つのと同じく、ハリと弾力のある引き締まったフェイスラインをキープするには顔の筋肉トレーニングが重要。

表情筋トレーニングは、1日わずか3セット行うだけで老け顔とサヨナラでき、憧れの小顔を手に入れることができます!


「老け顔」に見られる原因

女性の肌に関する悩みで多いのが「ほうれい線」「目元のシワ」「フェイスライン」。この3つの悩みは、いわゆる「老け顔」に見られやすくなります。では、実年齢よりも年をとって見られる「老け顔」を作る原因は何なのでしょうか?

  1. 遺伝(骨格)・・・骨格によっても老け顔に見える部分や衰え方が違います。
    • 丸顔は頬の筋力が落ちやすくブルドック顔や二重アゴになる危険性も。
    • タマゴ型は顔全体に老化が目立ちやすく特に目の周りは要注意。
    • 四角形は他の顔型に比べてたるみにくいが口元のシワができやすい。
    • 三角形は老化が目立ちやすく特に頬とアゴ周りが要注意。
  2. 加齢・・・年齢を重ね眼球を支える筋肉が衰えることで、目の下のたるみやクマができやすくなります。ほうれい線も加齢により頬と口元の筋肉が衰えた証拠。
  3. まばたき・・・まばたきの回数が多いと老け顔になりやすいのかと思いきや、まばたきをすることで目の周りの筋肉を鍛えることができます。ですので、パソコンやテレビなどを長時間見ているとまばたきの回数が減り、結果、たるんでしまいます。また、おしゃべりは口元の筋肉を、笑顔は目元と口元、両方の筋肉を鍛えることができます。

表情筋とは?

顔の表情を作る筋肉を「表情筋」と呼びますが、わたしたちの顔には目や口、鼻などを動かす筋肉が約60種類もあります。筋肉は普通、骨と骨とをつないでいますが、顔の筋肉は皮膚に直接つながっているため、細かな表情を作ることができるわけです。

ところが、アメリカ人は全体の約60%も表情筋を使っているのに、わたしたち日本人が使っている表情筋は全体の約20%。日本人は表情が乏しいというのはこうした数字からも明らかです。表情が乏しいと使う筋肉も少なく、それだけ顔の筋肉が衰えシワやたるみが目立つようになります。

なお、表情筋は他の部分の筋肉に比べて小さな筋肉が集まっています。ですので、ここでご紹介するトレーニングで少し動かしてあげるだけで、効率よく顔の筋肉を鍛えてあげることができます。

表情筋の種類

60種類ほどある表情筋の中でも、メインとなる5つについてその働きを見てみましょう。

  1. 前頭筋(ぜんとうきん)・・・眉を上げるための筋肉で衰えると額に横ジワができる。
  2. 眼輪筋(がんりんきん)・・・目を開いたり閉じたりするための筋肉で衰えると目尻のシワや上瞼がたるむ。
  3. 頬筋(きょうきん)・・・口角を動かす筋肉で衰えると口角が下がる。
  4. 口輪筋(こうりんきん)・・・口元の表情を作る筋肉で衰えると口元のシワやたるみになる。
  5. 頤筋(おとがいきん)・・・アゴのラインを引き締める筋肉で衰えると二重アゴになる。

ウォーミングアップ

まずは軽く顔のウォーミングアップをしましょう!

  1. 顔全体を上下に引っ張るように口や目などすべてのパーツを縦に伸ばします。
  2. 今度は上下から押しつぶすようにすべてのパーツを閉じます。
  3. 次に左右に引っ張られるようにすべてのパーツを横に伸ばします。
  4. 今度は左右に押しつぶすようにすべてのパーツを閉じます。

表情筋トレーニングのやり方

ウォーミングアップをすませたら表情筋を鍛えるトレーニングを行いましょう!

やり方

  1. 目を閉じ、口先をとがらせてすぼめ、小鼻に力を入れ、鼻先に顔のパーツすべてを寄せ5秒キープ。寄せたパーツをすべて思い切り開き5秒キープします。
  2. 次に目を閉じて眉と目を眉間に寄せて5秒キープ。眉と閉じたままの目を上に寄せて5秒キープします。
  3. 今度は口を大きく開け、ゆっくりと「あ」「い」「う」「え」「お」の形を作ります。
  4. 次に笑顔を作るように頬を上げながら口を横に大きく開けて5秒キープしたら、口を縦に大きく開けて5秒キープします。
  5. 今度は口を思い切り膨らませて5秒キープしたら口をすぼめて5秒キープします。
  6. 次に口をすぼめて縦に広げ5秒キープしたら、笑顔を作るように横に広げて5秒キープします。
  7. 最後に右側にずらすように口とアゴをずらし5秒キープしたら、左側も同じようにずらし5秒キープします。
  8. 1日3セットを目安に、(1)~(7)までの動作を繰り返しましょう!

更新情報

Twitterをフォローするか、RSSフィードを登録するとCOCOKARAの最新記事を無料でご覧頂けます。ものは試しということで是非♪


執筆者 : cocokara
公開日 : 2013年10月09日

サブコンテンツ

このページの先頭へ