食べてスッキリ!疲労回復に効果のある10の食材

肉体や精神に負荷がかかることでおこる「疲労」。肉体疲労ならゆっくりとお風呂に入ったり、ぐっすりと眠ったりすることで回復することはご存知ですよね?でも、休養をとっても疲れが取れないといった慢性的な疲労にお悩みの方は少なくありません。そのままの状態を放っておくと病気にもつながるので要注意!

疲労回復の基本は「睡眠」「運動」「食」。ぐっすり寝て、適度にカラダを動かし、美味しいものを食べること。その上で食に関して気を付ける点は、ゆっくりとよく噛んで食べることが大切です。「早食い」「ドカ食い」は胃に負担をかけ疲れやすくなりますのでNG。

また、食べることと併せてこまめな水分補給も疲労回復に効果的。こうした日々の食習慣とここでご紹介する10の食材を積極的に食べることで、より疲労回復効果を高めることができます。是非、あなたも今日から実践して疲れ知らずの生活を送って下さいね♪

1.ニンニク

スタミナの出る食材といえば、誰もが真っ先に思いつくのが「ニンニク」ではありませんか?ただ、気になるのはあの臭い。

でも、ニンニクのあの臭い成分・アリシンには、疲労回復ビタミンとも呼ばれるビタミンB1よりも強力な疲労回復効果があるんです。また、B1と一緒に摂ることでその効果がさらに倍増。

疲労回復以外にも女性に嬉しいアンチエイジングや風邪、ガンの予防やストレス緩和などにも効果を発揮しますよ。

2.チョコレート

「チョコレート」は高カロリー、高脂肪のためダイエットの敵と思われがち。でも、チョコはカフェインをかなり多く含むため、即効性のある疲労回復食材としてとても優秀。

また、カフェインと似た成分・テオブロミンにはリラックス効果があるので、疲れたときにチョコを食べてホッとするのはこの成分の効果と言えます。

3.納豆

ビタミンB1は疲労回復成分として有名ですが、大豆が原料の「納豆」にはビタミンB1が豊富に含まれています。調理の手間が要らず手軽に食べられる点もおススメ。

特に疲れが取れず、何となくカラダがだるくてやる気が出ないという方は、毎日納豆を食べるようにしましょう。

4.魚介類

テレビCMでも有名な栄養ドリンクに含まれているタウリン。イカやタコなどの魚介類にはこのタウリンが多く、牡蠣は特に豊富。

タウリンはアミノ酸の一種で肝臓に効果があり、カラダのあらゆる臓器に必要とされる栄養素なんです。視力低下の予防にも効果がありますので、目を酷使している方には特におススメですよ。

5.くるみ

元気が出ないときや病気の後の疲労回復におススメなのが「クルミ」です。

基礎体力をつけるのに有効なリノール酸や良質のタンパク質が豊富で、新陳代謝を活発にし疲労を素早く回復する働きもしてくれるビタミンB1も多く含んでいます。

 

6.鶏の胸肉

根本的に疲労を回復するのに効果的なのが「鶏の胸肉」。特に筋肉疲労には、羽の付け根部分にイミダペプチドと呼ばれる物質が多く含まれる胸肉がおススメ。

1日約100gを1週間摂り続けることで効果があるというデータもあります。30分以上煮込んでスープにすれば、さらにイミダペプチドの効果がアップしますよ。

7.玉ネギ

玉ネギはビタミンB1が豊富なだけでなく、血液の流れをスムーズにして新陳代謝を活発にし、ビタミンB1の吸収をサポートする硫化アリルを含んでいます。

オニオンスライスなら手軽に玉ネギが食べられますし、細かく刻んでドレッシングに入れてしまうのもアリですね。

8.豚肉

豚肉はビタミンB1がとても豊富で、牛肉の約10倍にもなります。

疲労回復以外にもアンチエイジング効果や精神を安定させる効果もあります。クエン酸が豊富なレモンやお酢、アリシンが豊富なニンニクやニラなどと組み合わせることで効果が倍増。

玉ネギとの組み合わせも◎なので、ニンニクを効かせたソテーもおススメです。

9.チーズ

「チーズが疲労回復にいいの?」と思われる人も多いようですが、チーズにはビタミンB1やB2、ナイアシンなどの栄養素の分解をサポートする働きがあります。

これらの栄養素が不足すると疲れやすくなりますので、小腹が空いたときなどおやつ代わりにチーズを食べるのもいいですよ。

10.うなぎ

「土用の丑の日」という言葉もあるほど栄養価の高い「うなぎ」は、代表的な疲労回復食材といえます。

高カロリー・高脂肪ですが、疲労回復に効果のあるビタミンB群を少量でもたっぷり摂ることができカルシウムも豊富。疲れによるイライラにも効果を発揮してくれます。

ただし、ビタミンCは少ないので生野菜などと組み合わせて食べましょう。

その他

食べ物ではありませんが、疲労回復ドリンクとしておススメなのが「梅酒」です。

梅にはビタミン・ミネラルがたっぷり含まれていますし、疲労回復成分として疲労の元となる乳酸を分解してくれるクエン酸が豊富。梅酒は薬用主として昔から親しまれていますので、疲れて夜ぐっすり眠れないという人は寝る前にコップ1杯の梅酒を飲んでみるのもいいですね。

また、チョコレートと同様、カフェインが入っているコーヒーや緑茶も即効性のある疲労回復ドリンクになります。ただし、カフェインには覚醒作用があるので寝る前は避け、一時的な疲労回復としておススメですよ。

更新情報

Twitterをフォローするか、RSSフィードを登録するとCOCOKARAの最新記事を無料でご覧頂けます。ものは試しということで是非♪


執筆者 : cocokara
公開日 : 2013年11月06日

サブコンテンツ

このページの先頭へ