自分でできる夏バテ対策!疲労回復に効果的な6つのレシピと生活習慣

暑くなるにつれて、体がだるくなる・・・。
何も食べる気がしない・・・。
そんな状態が続いていませんか。

夏バテは一度なってしまうと、その症状は長引きやすく辛いものです。
食欲がなくなると、胃腸が疲れて体全体の疲労感もアップ。そして、さらに何もしたくなくなる・・・。
そんな悪循環が起きやすくもあります。

楽しいイベントが盛りだくさんな夏だからこそ、体調を崩してしまうともったいない!しかも、夏バテ症状が続くと体の免疫力が落ちて夏風邪を引いてしまうことも。

夏バテは自分で予防できます!
食事はビタミン豊富なスタミナメニューを取り入れてみたり、普段飲んでいる飲み物やお酒を変えてみたり。
部屋の温度調節を工夫するだけでも全然違います。
ちょっとしたコツで夏を快適に過ごすことができるのです。

今回は簡単にできる夏バテ解消法をご紹介します。
ご自身はもちろん、大切なご家族も元気な夏を過ごせるように、夏バテ解消法をあなたの生活に取り入れてみませんか。


夏バテとはどんな症状?

全身の疲労感

なんとなく体全体が重い感じが続き、疲れが何日も続きます。
暑さで睡眠不足になることも多いため、疲労感がますます溜まっていくことも。

ひどくなると頭痛や吐き気などの症状を伴うこともあります。

食欲低下

自律神経の乱れにより胃腸機能が低下してしまい、必要なエネルギーやビタミンなどの栄養素を十分に吸収できない状態が続きます。

それにより、さらに体の疲労感が増してしまうという悪循環に陥ります。

夏バテの原因

自律神経の乱れ

人間には、体内の環境を常に一定に保つ自律神経機能が備わっています。
この自律神経のおかげで、どんな環境にあってもほぼ同じ体温に調節されています。

しかし、夏の環境はとても過酷です。
猛暑の屋外と冷房の効いた室内ではその温度差が体に負担をかけてしまいます。
また、冷房の効きすぎた部屋の中で長く過ごすと、自律神経そのものの機能が低下し、体調を崩しやすくなってしまいます。

胃腸の疲れ

冷やし中華やアイスクリーム、よく冷えたビール!・・・暑い夏には最高ですよね!

でもこれらを摂り過ぎて体の中を冷やしてしまうと、胃腸機能が弱って食欲低下の原因になります。
また、胃腸そのものの不調にもつながるので、便秘や下痢などの症状を起こしてしまうこともあります。

汗を出せない

高温多湿の環境では、汗腺がふさがれてしまうことで汗がうまく出せなくなります。
体温調節ができなくなってしまうと、夏バテを引き起こしてしまいます。

睡眠不足

熱帯夜による不眠が続くと、一日の疲れが取れず翌日に持ち越してしまうことも。
これが続くと疲労感が蓄積し、夏バテになります。

夏バテ解消法

夏バテを回復する食べ物

  • ビタミンB群を多く含むもの:豚肉、玄米、レバー、納豆、うなぎ、卵、ニラ
  • ビタミンCを多く含むもの:ピーマン(赤、黄色が特に多い)、パセリ、ブロッコリー、いちご
  • クエン酸を多く含むもの:梅、レモン

これらを効率的に摂るのにおすすめのレシピをご紹介します。

  • うな玉そうめん

    滋養強壮効果のあるうなぎのレシピ。うなぎにはビタミンAも含まれており、鼻やのどの粘膜の乾燥を防いでくれるので夏風邪にも効果的。さらに、卵も良質なタンパク質とビタミンが豊富なので、「うな玉」は夏バテに理想的な組み合わせです。食欲がないときにも、そうめんならするっとお腹に入っていきそうです。

  • 豚丼

    疲労回復に効果的なビタミンB群をしっかり摂れる豚肉メニュー。さらに、同じく疲労回復に役立つクエン酸を含むお酢も使っているレシピなので効果倍増。お手軽なスタミナメニューとしておすすめです。

     

     

     

  • ビーマンのスタミナ炒め

    ピーマンはビタミンCを多く含む食材。ビタミンCは夏の暑さや睡眠不足で消耗されるので、それを補ってくれるピーマンは夏バテ対策に有効です。特に赤色や黄色のパプリカはピーマンよりさらに多くのビタミンを含むので、さらに効果的です。

  • 納豆とお豆腐のスタミナサラダ

    ビタミンB群を摂れる動物性の食材といえば豚肉ですが、植物性の代表食材は大豆です。すなわち、納豆も豆腐もビタミンB群を効率的に摂れる食品です。食べ物をエネルギーに変えてくれるビタミンB群を補うことで、疲労回復が期待できます。

  • 豚肉入りニラ玉

    ニラはビタミンB群が豊富なスタミナ野菜です。香りも食欲をそそります。それに、同じくビタミンB群が豊富な豚肉ときのこ類が加わり、まさに夏バテ解消メニュー!疲れが溜まった時にぜひ食べたい料理です。

  • 梅と鶏肉のさっぱり和え

    梅は疲労回復に役立つクエン酸が豊富です。さらに汗で失った塩分も補うことができるので、夏バテ対策に効果的です。また、鶏肉は良質なたんぱく質が含まれるので胃腸を強くし、弱った胃腸を回復してくれます。

夏にはビールの代わりに日本酒

夏場はついつい冷たいビールに手が伸びますね。
でも、夏バテ対策を考えるならビールを日本酒に切り替えてみませんか。

日本酒はアミノ酸を多く含み、その量はワインの10〜20倍とも言われます。

アミノ酸は体を作る素になる成分です。
胃の粘膜を修復してくれ、胃腸機能を回復してくれる効果があります。

さらに血行を促進する作用もあるので、冷房や冷たい食事で冷えてしまった体を内側から温めてくれます。
ただ、あくまでアルコールなので飲みすぎには注意!日本酒2合程度までに留めましょう。

参考:【お酒で夏バテ対策?!】夏バテした体に嬉しい日本酒の意外な3つの効果

飲み物は甘酒がおすすめ

甘酒というと温かい冬の飲み物を言うイメージがありますが、元々江戸時代には夏の飲み物として親しまれていたそうです。

そう、実は甘酒は夏バテにとても効果的な飲み物なのです。
甘酒にはビタミンB群とアミノ酸を豊富に含まれるので疲労回復効果が高く、まさに夏バテをした体にもってこい!

甘酒が夏の飲み物たる理由はこれだけではありません。
エネルギーの素になるブドウ糖が豊富で消化吸収も良いので、夏の暑さで疲れてしまった体に即、エネルギー補給をすることができます。寝苦しくよく眠れなかった日の翌朝に、一杯の甘酒を飲んでみるのはいかがでしょうか。

さらに、甘酒は女性に嬉しい美肌効果もあると言われています。
その理由は甘酒に含まれるコウジ酸という成分。
コウジ酸にはメラニン色素の生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ効果があります。
その上保湿効果も高く、紫外線ダメージを受けた肌をやさしく保湿してシミを予防してくれます。

甘酒を新たな夏の習慣に取り入れて、夏バテ対策とともに紫外線に負けない美肌も手に入れてしまいましょう。

エアコンの除湿機能を使う

高温多湿の状態では、汗をうまく出すことができず体調を崩してしまいます。
また、冷房で体を冷やしすぎると、外気との温度調節ができなくなり自律神経の調節機能も低下してしまい、さらに夏バテの悪循環を加速させることになります。

エアコンの除湿機能を利用すれば、体を冷やしすぎることなく快適に過ごすことできます。
睡眠をしっかり取ることができれば、疲れやストレスも回復できて夏バテ知らずです。

いかがでしたでしょうか

夏バテ対策レシピは、食欲をそそる美味しそうな料理が意外と多かったのではないでしょうか。
我慢するのではなく、自分の好きなものの中でちょっとスタミナがつきそうなものを選ぶだけで体の負担はかなり軽くなります。

また、お酒好きの方には欠かせない仕事終わりのビールも最初の1杯だけにして、日本酒を嗜んでみるのも粋な夏の楽しみ方かもしれません。
そして、甘酒の美肌効果も見逃せませんよね。
美容対策も兼ねながら、夏バテ対策もできるなんてまさに一石二鳥です。

堅苦しい夏バテ対策ではなく、自分のできることから取り入れるだけで大丈夫。
今年の夏はセルフケアを楽しみながら、元気に過ごしましょう!

人気の記事

まだデータがありません。

更新情報

Twitterをフォローするか、RSSフィードを登録するとCOCOKARAの最新記事を無料でご覧頂けます。ものは試しということで是非♪


執筆者 : cocokara
公開日 : 2015年07月30日

サブコンテンツ

このページの先頭へ