つらい冷え性を改善!誰にでもできる簡単な2つのマッサージ

「冷えは万病の元」とも言われていますが、成人女性の2人に1人が冷え性で悩んでいます。

冷えはダイエットにとっても大敵ですし、そのままにしておくとむくみやたるみだけでなく、様々な症状を引き起こす原因にもなります。

こんな症状があれば要注意!

  • 手足が冷たい
  • 夏でも寝る時は靴下を履く
  • よく下痢をする
  • すぐにお腹が痛くなる
  • クーラーにあたると体調が悪くなる


なぜ冷え性になるの?

一般的に冷え性とは、カラダは温かいのに手足の先だけが冷たい状態を指していて、頭痛や月経痛、月経不順、不妊症、更年期障害、アトピー、肩凝り、腰痛などを引き起こすとされています。

西洋医学では病気でないとされていますが、東洋医学では冷え性を病気とみなし治療の対象としています。

冷え性の原因

  • 運動不足による筋力の低下
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 血液循環の停滞 など

冷え性を改善する工夫

冷え性を予防・改善するポイントは、自律神経とホルモンバランスを乱さないこと。そのためにも日常生活での工夫が大切です。

  • 冷たいものや刺激物を摂り過ぎない
  • 根菜類や発酵食品を積極的に食べる
  • 体を締め付ける洋服や下着を着ない
  • 薄着をせず重ね着する
  • 冷暖房で極度に外気との温度差を作らない
  • シャワーではなく湯船に浸る
  • こまめにカラダを動かす
  • 寝る時には湯たんぽなどで足先を温め、足を高くして眠る
  • 腹巻などをしてお腹を冷やさないようにする

まずは足湯で血行促進

冷え取りマッサージには足裏とリンパの2種類ありますが、マッサージを始める前にまずは足湯を行いましょう。

42~43℃くらいのお湯を用意し、15~20分ほどくるぶしまでお湯に浸けます。

足湯をすることで血行が良くなり全身を温めることができます。足湯の最中や終わった後は、白湯や温かいお茶を飲んで水分補給をすることでデトックス効果が高まります。

冷え取りマッサージ

足湯で全身が温まったら足裏マッサージから始めます。足裏マッサージで溜まっている老廃物を崩し、次にリンパマッサージで崩した老廃物を、足首からひざ裏のリンパ節に運んで排出します。

足裏マッサージ

  1. 足裏の真ん中のくぼみから内側のくるぶしに向かい、ゆっくりと親指で押しながら5回しごきます。
  2. 次に足裏の薬指と小指の間の盛り上がった部分を、斜めに押し上げるようなイメージで、強めに5回、親指で滑らすように押します。
  3. 最後に足指の付け根の盛り上がった部分からかかとに向かい、親指側から小指側にかけて3~4回に分け、強く押しながら親指の腹を5回滑らせます。

リンパマッサージ

  1. 両手の平を肌に密着させふくらはぎを包み込むようにし、足首からひざ裏までゆっくりと老廃物を流すように5回マッサージします。
  2. 次に親指をひざ下のくぼみに当て、4本の指でひざ裏をやや強めに5回押し、運んだ老廃物を排出します。
  3. 最後にひざの内側から太ももの内側をとおり付け根に向け、両手で交互にさする動作を5回繰り返します。

マッサージのポイント!

  • 足湯の際、温める効果のある精油やバスエッセンスを入れればさらに効果がアップします。
  • マッサージは滑りが悪いと肌を傷めてしまうため、クリームやオイルを使いましょう。
  • 足裏マッサージの際、片手の親指だけでは力が入らない場合、両手の親指を重ねたり、中指を曲げてグッと押したりしてもOK!
  • マッサージをしていくうちに痛みを感じてきたら、老廃物が崩れはじめた証拠なので手加減しないこと。力加減は強すぎず弱すぎず、流れるようにスムーズに手を動かしましょう。

    人気の記事

    まだデータがありません。

    更新情報

    Twitterをフォローするか、RSSフィードを登録するとCOCOKARAの最新記事を無料でご覧頂けます。ものは試しということで是非♪


    執筆者 : cocokara
    公開日 : 2014年01月15日

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ