1日1分のトレーニングで二重あごを解消しスッキリしたフェイスラインに!

顔はカラダの中でも人目を引くパーツ。正面からは二重あごに見えなくても、横から見るとあごの下にお肉がついている人は少なくありません。

二重あごは老け顔にも見られやすく悩んでいる人も少なくありません。昔の人は硬い食べ物をよく食べていたので、あごの筋肉が発達していました。ところが、最近は軟らかい食べ物が多く、あごを鍛える機会も減ってしまっています。

そこで、二重あごになる原因と解消法をご紹介します。1回1分のトレーニングで、スッキリとしたフェイスラインを手に入れましょう!


なぜ二重あごになるの?

二重あごは意外と脂肪がつきやすいパーツ。重力の影響で頭からまぶた、頬、あごへと皮膚がたるんでいきます。主に3つの原因が考えられます。

  1. 表情筋が衰える ・・・ 「表情筋」と呼ばれる顔の筋肉は加齢とともに衰えますし、顔の表情が乏しかったり、食事などで噛む回数が少なかったりすることでも衰えます。
  2. 姿勢が悪い ・・・ 猫背や長時間不自然な姿勢をしていると、首が正しい位置にないため筋肉のバランスが崩れやすく、前のめりな姿勢はあごの周りに老廃物が溜まりやすくなります。
  3. コラーゲンの減少 ・・・ 加齢とともに肌の弾力を保つコラーゲンが減少したり、新陳代謝が低下したりすることで、肌はたるみやむくみやすくなります。

◇猫背の解消法はこちら
肩こり・腰痛解消に効果的!自宅で簡単にできる猫背の解消法

二重あごの決め手となる「頤筋」

日本人はアメリカ人に比べて表情筋を使っている割合が40%も低く、その分、シワやたるみが目立ってしまいます。表情筋は20数種類以上ある顔の筋肉の総称で、メインとなるのは5つです。

  1. 前頭筋・・・眉を上げる筋肉。衰えるとおでこに小ジワができる。
  2. 眼輪筋・・・目を開けたり閉じたりする筋肉。衰えると目尻のシワやまぶたがたるむ。
  3. 頬筋・・・口角を動かす筋肉。衰えると口角が下がる。
  4. 口輪筋・・・口元の表情を作る筋肉。衰えると口元にシワやたるみができる。
  5. 頤筋・・・あごのラインを引き締める筋肉。衰えると二重あごになる。

二重あごを解消・予防するには、「頤筋(おとがいきん)」を鍛えてあげるのが決め手ともなります。ここでご紹介するトレーニングは、口元の動きだけなのでいつでも手軽にできますし、時間もわずか1分程度。毎日継続することで頤筋を鍛えることができます。

二重あごとリンパの関係

リンパは体内の老廃物を排出する大切な役目を果たしています。ところが、心臓が血液を押し出すように、リンパにはリンパ液を押し出してくれるポンプの役目を果たしてくれるものがありません。

そのため、ゆっくりと流れていくしかなく、時には流れが止まってしまうことも。二重あごの解消・予防には、リンパ液を常にスムーズに流してあげることが大切です。

リンパの流れをスムーズにする方法

  • 鎖骨を4本の指の腹を使い軽く押してあげる。
  • 両手であごから耳の後ろへ向け、手を滑らすようにあごの肉を流してあげる。

(1)はテレビを見ながらでもお風呂に入りながらでも簡単に行えます。(2)は滑りが悪いと肌を傷めてしまうため、マッサージクリームをつけたり洗顔しながら行ったりしましょう。

日常生活での解消法

二重あご解消トレーニング以外でも、日常生活をちょっと改善するだけでも二重あごを予防することができます。なってからでは遅いのでトレーニングと併せて実践しましょう。

  • 前のめりにならないよう正しい姿勢を意識すること
  • 頬杖をつかないようにすること
  • 食べる時には1口30回を意識してよく噛むこと
  • 根菜類など硬いものを食べるようにすること
  • 笑顔を心掛け表情筋を動かしてあげること

ガムやおしゃべりも二重あご解消の特効薬!?

噛むことであごの筋肉を鍛えることができますが、食事内容によっては噛む回数が少ないことも。そんな時にはノンシュガーのガムを噛めば、カロリーは気にせず咀嚼回数を増やすことであごの筋肉を鍛えることができます。

また、最近はPCやスマホの普及で画面と向き合っている時間が増えた分、アナログな人間関係が希薄になりつつあります。友だちや恋人とのおしゃべりは会話も弾み、表情筋やあごの筋肉を鍛えるのにも好都合。二重あご解消のためにも、楽しい会話の時間を増やしましょう。

二重あご解消トレーニング①

フェイスラインと二重あごをスッキリさせるトレーニングです。

やり方

  1. 背筋を伸ばしゆっくりと5秒かけて斜め上を見上げます。
  2. 口を大きく開け、口角に力を入れて5秒キープ。
  3. 上を向いたまま、5秒かけて口を閉じます。
  4. ゆっくりと5秒かけて顔が正面を向くように戻します。
  5. (1)~(4)を3回繰り返します。

二重あご解消トレーニング②

二重あごの解消とほうれい線の予防にもなるトレーニングです。

やり方

  1. 顔は正面に向けたまま口を閉じます。
  2. 軽く口を開けたまま、ゆっくりと口を横に開いていきます。
  3. 首筋が浮かび上がるくらい強めに力を入れながら、開き切ったら5秒キープします。

更新情報

Twitterをフォローするか、RSSフィードを登録するとCOCOKARAの最新記事を無料でご覧頂けます。ものは試しということで是非♪


執筆者 : cocokara
公開日 : 2014年01月29日

サブコンテンツ

このページの先頭へ